くさび 形 文字。 楔形文字解読講座〜アッカド語(バビロニア語)を中心に〜

楔形文字(くさびがたもじ)とは

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

🌭 有名どころでは、ハンムラビ法典(「目には目を」ってヤツですね)やアッシリアの壁画の碑文なんかもアッカド語で書かれているので、コレが読めるようになればかなり楽しいんじゃないかと。 もともとシナイに住む人々はエジプトのヒエログリフを借りて使っていたのですが、古代エジプト語とシナイの言葉は違う言語体系だったため使いこなすのが難しかったようです。

8
世界最古の文字「古拙文字」は数詞と物を表す絵文字だけで記録をつけるために使われていた。

文字の歴史

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

👏 さらにいうとヒエログリフは700種類以上の文字がありました。 元来,シュメール人の楔形文字は表意文字が主で,表音文字は少なかったが,アケメネス朝時代には,5つの表意文字を除いて全部表音文字化されていた。 あの要注意因子、弱子音です。

16
ウガリト楔形文字(前14~前13世紀)は30個の子音文字のみからなり子音アルファベット方式(後代のヘブライ語・アラビア語の方式と同じ)、古代ペルシア楔形文字(前644ころ~前333ころ)は36個の半音節方式(一部の文字のみ子音のみを表すことができる)であった。 古拙文字からへの変遷の図がある。

楔形文字

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

🔥 hu は単に u と書かれる。 楔形文字はもっとも初期には単語文字(一つの文字記号が一つの単語を表す表意的な文字)であったが、すぐに音節文字(ba, ab, badというような複音を表す表音文字)が生じた。 文字の歴史の中でもハングルは比較的新しく、発音記号を組み合わせているため初めての文字でも読みやすいユニークな文字体系になっています。

よろしければこちらもぜひ。 鉄製武器と戦車による強大な軍事力に支えられていた。

古代ペルシア楔形文字

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

🤘 こんな色の粘土板も作ってみました。 だいたいBC3500年頃使われ出し、その時はほぼ対象物の形を捕らえています。 日本語ではなんて言うのか、後で調べておきますね。

10
19世紀前半になって,ドイツのグローテフェントとイギリスのローリンソンにより解読された。

NHK高校講座

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

🤪 楔形文字がを書くのに借用されたとき、アッカド語の表語文字的な書き方が加えられ、その結果多くのヒッタイト語の単語が表語文字的に書かれたため、その音価を今日推定することはもはやできなくなった。

豚 現代でぶたの絵と言えば、あのブタっ鼻は必須ですがこの時代は鼻よりも頭の毛の方が重要だったとみえます。 翻訳中は4人の情報交換は禁止された。

楔形文字とは

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

🌏 メソポタミアの楔文字は最初は象形文字で粘土板に刻まれたため楔になっているのが特徴です。 グローテフェントの解読は当初は認められなかったが 、後に(誤りも多いものの)基本的に正しいことが確認された。

1
その後、篆書(てんしょ)、隷書(れいしょ)、草書(そうしょ)、行書(ぎょうしょ)、楷書(かいしょ)と書かれるうちに漢字は簡略化されていきました。 (亀甲占いとは違います) 日本語は膠着語ですがこの漢字とカタカナ・ひらがなという表音文字をうまく組み合わせています。

文字の歴史

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

⚡ 「もしかしたら違うかも知れない」と思った所は些細な異同があった。 古代ペルシア楔形文字がどのようにして作られたかは不明である。 これが解読できたのは、ロゼッタストーンという石碑の文字でヒエログリフ、デモティック、コプト文字(コプト語「終期エジプト語」をギリシア文字で書いたもの)が比較できたためです。

16
ちなみに、楔形文字(ここで習うのは主にアッカド語)にはどんな発音があるのかそれもまたあとでお話することにしましょう。 東アジアで大きな影響力を持つ当時の中国の文化。

楔形文字(くさびがたもじ)とは

文字 くさび 形 文字 くさび 形 文字 くさび 形

😚 パッと見は三角と棒のかたまりですが、これでちゃんと文字になってるんですよ。 楔形文字を読むための4つのステップということですが、楔形文字から現代語に訳すまでには四つの段階を踏みます。 とはいえ、シュメール人が磨き上げた楔形文字本来の的な性格は、などの言語話者には使い勝手のよくない仕組みだった。

13
51-52> 余談 あやうい記録媒体 文字を記録する媒体として、オリエントの楔形文字で使われたものの代表が粘土版である。 古代メソポタミアで、粘土書板 ねんどしょばん に葦 あし などでつくった筆記具の尖端を押し付けて記した文字の総称。